年会費無料クレジットカード/ リボ払い/ 海外旅行保険/ 仕組み/ 付帯保険/ 作り方/ クレジットカード比較/ 出光カード/ ガソリンカード/

カード審査:クレジットカード審査に通らないのはこんな人 のページを説明

カード審査:クレジットカード審査に通らないのはこんな人

クレジットカードを申込むときには、名前や住所をはじめとして、どこに勤めているのか、どのくらい勤めているのか、年収はどのくらいか。
などと様々な情報を入力します。

クレジットカードの審査では、この申込の内容をもとにスコアリングを行います。

スコアリングとは文字通りスコアをつけていく作業で、たとえば派遣社員なら5点、公務員なら10点などと点数付けされます。


スコアリングはコンピュータによって自動計算されるわけですが、ここで一定のスコアをクリアした場合にクレジットカードが発行される仕組みになっています。


では、クレジットカードの審査に通らない人とは、どんな人でしょうか?


それは、いい加減に申込みをする人です。


記入された電話番号にかけても繋がらない。
これは本人確認ができないのでバツでしょう。

また職業が専業主婦なのに年収が1,000万円など、ちょっとつじつまが合わない入力もタブーです。

クレジットカードの申込者に求められているのは、確かな人間性と代金支払能力ですから、不正確でおかしな入力をすることは避けましょう。


まず最も大事なことは、誤字・脱字がないように、そして正確に記入するということです。



そのほか、クレジットカードの審査に通らないのはどんな人か?


それは、残念ながらスコアリングの結果が基準点に達さなかった人です。
ここで、スコアリングの際にもっとも重要視される属性は、年収・勤務年数・居住年数の3つだと言われます。

これは逆の立場で考えれば納得のいくことです。
だれも短期間で仕事がころころ変わる人や、ほとんど稼ぎのない人(返済能力のない人)にクレジットカードを持ってほしいとは思いませんからね。

ここで大事なことは、自分の現在の属性にあったクレジットカードを選びましょう。
ということです。


現在は雇用形態も多様化し、正社員以外にも派遣社員やフリーターといった働き方を選択する人も増えています。そのほか専業主婦だけれどクレジットカードを作りたいという方もいらっしゃるでしょう。

またクレジットカード会社も、クレジットカードを発行してカードを使ってもらうことが仕事ですから、もちろん審査はしますが、本心ではなるべくたくさんの人に自社のクレジットカードを使ってほしいはずです。


これらを踏まえると、お互い歩み寄るポイントが見えてきます。

つまり、年収が1,000万円を超える人にはそれに相応しいクレジットカードが用意されていますし、フリーターにはフリーターに相応しいクレジットカード、主婦には主婦に相応しいクレジットカードを各クレジットカード会社は開発しています。


以上をまとめると、
申込の際にいい加減な入力をして、しかもスコアリングが基準に達さなければクレジットカードの審査には通らない。といえますが、


裏を返せば、どうしてもクレジットカードが作りたいという人にとっては、無職でもない限り、申込書を偽りなく正確に入力し、自分の身の丈にあったクレジットカードを選択することで、それは可能になりそうです。

| クレジットカードの作り方

カード審査:クレジットカード審査に通らないのはこんな人は参考になりましたか?

クレジットカード比較に関して他にありましたら、こちらからお調べ下さい^-^
クレジットカード比較/年会費無料で得をする のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
<<[前]カード申込み:クレジットカードをインターネットから申込む
>>[次]カード選び:クレジットカードの賢い選び方(メインカード)

クレジットカード比較/年会費無料で得をするのTOPへ
"カード審査:クレジットカード審査に通らないのはこんな人"のTOPへジャンプ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。